盛岡さんさ踊り~

2014/ 08/ 07
                 
八幡平のトレッキング?を終えて近くの国民休暇村で温泉三昧で過ごした私たち。

子供たちはみなそれぞれ泊まりで出かけてしまいましたので夫婦二人の久しぶりの旅になりました。

私にとって宿泊は食事の用意も洗濯もしない日があるなんて夢のよう・・・しかも6時過ぎに起きれるなんて!とワクワクしていましたがいつものように5時半に目覚めて朝風呂に行っている自分がいました・・・習慣になってますね~

昨年は青森のねぶたを鑑賞しました。いつか自分も跳ねてみたいと思いながら・・・・

東北地方に住んでいながら祭りを見ていないなんて、?

そう思って毎年祭りを見よう!と主人が言いだし、今年は盛岡のさんさ踊りを・・・

初めて見た印象は、運動量が半端なく、そして振付けが少し複雑で一度には覚えられない、高度な踊り。。。だと思いました。

夜になっても日が高く、気温も下がらない中で激しい踊りはかなり体力を奪うと思いますが、みなさんとても優雅に踊られてました。太鼓を持って踊る方、大変だなぁ~と思うのですが優雅に楽しそうに踊ってます。

ちょっと見えづらいですがお顔をぼかして載せてます。

P8030539.jpg

太鼓ぼかし2

若い年代の踊り手さんたちが多かったことに驚きました。
年齢の高い人と子供・・・というイメージが強かったんですが、昨年のねぶたのときも感じましたが幅広い年齢層の人たちが祭りに参加していたことが印象的でした。


太鼓ぼかし

P8030548.jpg

地域によって着物も帯も違っていて、その着物や帯の色使いもきれいでした。

若い世代の男性の衣装もとても素敵で、踊りもしなやかです。
そして笠に隠れて顔が見えないところも好い感じで、どんな伝統があるのか、聞いてみたいと思いました。

ミスさんさの美しい容姿と踊り

P8030551.jpg


写真ではなかなか伝えられません・・・というのも、踊りのリズムがわからないのでどこが決めポーズなのかわからない・・・・後ろ姿だけ写っていたり・・・・なかな写真は難しいですね・・・

興味のある方は盛岡さんさ踊り公式ホームページ">で見てください・・・


太鼓の音を聞くとつい、踊りたくなってしまいますね、楽しくなってしまいます。
大学にはたしか「祭遊会」というサークルがあったなぁ~みんなでお祭りに参加して楽しもう、っていう活動していたようですが、なかなか面白いことをしていたんだなぁ~参加しておけば・・・なんていまさらのように思い出してみたり・・・

さんさ踊りでは男性の踊り手の素晴らしさ、というものに出会いました。
お~かっこいい!しなやかな動きと衣装にほれぼれしました・・・・
そしてもう一つ、地域によって異なる着物や帯、衣装飾りのカラフルな色使い・・・。きれいでした。

そして今回一番印象に残ったのはさんさ踊りのテーマ曲。
民謡とポップスの融合と聞いて、吉田兄弟とモンキーマジックの「change」を思い出しました。

岩手県大槌町出身のシンガー、臼澤みさきさんが唄う「さんさ里唄」。
この曲、会場に常に流れていました。とてもいい曲、印象に残りました。

※臼澤みさきさんが唄う「さんさ里唄」。

関連記事
        

スポンサーリンク

        

コメント

        

相互リンク
突然のコメント、失礼いたします。
私はこちら⇒http://blju.net/
でサイトをやっているきみきといいます。
色々なサイトをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はメールを送ってくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^