リバティープリントポーチ

2014/ 04/ 30
                 
今年の東京国際キルトフェスティバルに出かけた際には

一緒に行かれた方たちは毎年このショップのこの商品をゲットする!と決めていらっしゃるようで

私は何の知識もないまま会場入り・・・。


お教室の先生に教えていただいたショップに顔を出して

その後は体験ブースに行くもすべて満席

何時にどこに行けば予約可能とか、なかなかわからなくて・・・次回はもっと下調べが必要だ、と実感。


作品を見終えてからひと通り拝見させていただいたショップさんの中から

リバティープリントを扱っていらっしゃるWishさんでキットを購入しました。

母の入院など重なってなかなか作れなかったのですが

最近時間が出来るようになったのでちょっと手がけてみることに・・


鮮やかな色合が好きな私はパッと目に止まって・・・


リバティポーチ2014-1

マチのあるちょっと大きめのポーチです。

バネ口ポーチも一緒に作りました。

リバティポーチ2014-2

もう一つスヌードも買ってきたのですが残念ながらスヌードは季節を外してしまいました。

時期をみて来冬用にでもつないでみたいと思います。


他のリバティープリントを使って作っても表情が違って面白いかもしれないな~と思いました。



ここから余談ですが・・・

ある場所で料金の支払いをしていたんですが(銀行ではありません)

預かった人は領収証を書いていて、他の人が金庫にお金を入れて確認作業

確認作業の人は小さな金庫もお金も床に置いてお金を数えていたんですが・・・

なんか違和感・・というかお金を床置きにする感覚がわからない・・・

30代の男性と思われますが事務所の若い男子も女の子も見ても何も感じないのか普通の感じでした。


私の中ではちょっとありえない光景ですが

この状況、かなうなら何も言わずに自分の子供達に見せて何か感じるか聞いてみたいと思ってしまいました。
私の子供達も何も感じないだろうか・・・と。

お金は物質的に紙なんですが、私にとっては床置きにするような(畳ならわかる)、靴を履いて歩きまわる同じ地べたに置くことは考えられず・・・

どうもモヤモヤ感が残った出来事となりました。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ


        

スポンサーリンク

        

コメント

        

ご無沙汰しています
もう4月も終わりですね

ご無沙汰していましたがお母様お加減が悪かったのですか?知りませんでした。
今は落ち着かれておいでかしら?

リバティーのポーチ、とても可愛いですねー
無地のリボンがまたおしゃれです。

ちくちくは気持ちの余裕がないとなかなか針が
持てないものね。
少しゆとりがでたようで良かったです。

ありんこちゃんもお疲れが出ませんように。
私はおくればせながら2月からミシンキルトの勉強に
通い始めています。まだまだ若葉マーク也。
とみママさんへ
ご訪問ありがとうございます。
母の体調が戻り一安心です。
とみママさんのミシン教室の記事、楽しんで拝見させていただいてます。