キルティングは3分の1は終わったかな~

2014/ 02/ 23
                 
変わり映えのしない画像ですが・・・

これでもキルティングは3分の1は終わったかな~と思います。

残すは周りの花の落としキルトとさらにフェザーのキルティング、直線とかなりの分量が残っていますが・・・

少しずつでも前に進むと終わりに近づくので(当たり前ですが)

少しずつ少しずつ・・・

P2230060.jpg

今回はロープの部分のキルティングを終わらせました。

見た目簡単そうですぐに終わるものだと思っていたんですが・・・な、長い・・・。

どんなに縫っても終わりが見えない感じに疲労感さえ感じました・・・

P2230061.jpg


ロープの模様はキルティングしたことがなかったので面白かったけれど後からなんでこんなにしわがよるんだろう・・・

とか、形が悪い、針目が揃ってない、と、見ていると無性にほどきたい気分にもなって・・・

家にあるパッチワークの本を引っ張りだして何冊か見てみると、とある一冊に今回のロープのキルティングは針を4本用意して一模様ずつキルティングして進むとしわにならない・・・とか。そのまま1本の糸を長さの分ずっと縫い進めていく方法でキルティングをしていた私・・・。

え~!ここまできてこの方法を知るとは!


あ~やはりきれいなキルティング技法というのはあるんですね~知らない、ということはこういうことなんだ~と改めて基礎的なことの大切さを実感・・。

丁寧な作品作りをするには基本的なことをちゃんと確認してから、と反省しました。

次回のフェザーの模様も刺したことがなかったので何か載っている本を探したりしながらどうすればきれいに出来るか確認して始めようと思いました(今更か~・・汗)

前回はなんでこんなに嫌気がさすのか、体調でもない、やる気でもない、なんなんだ~と思って、そう、ひとつこのような技法の基礎を確認していなかったせいだ、ということを知ったのと、もう一つ、道具だ、と思って・・・

多分いちばん考えられるのは針だ・・・と

キルティング針、近くの手芸店でキルティング針を漠然と買っていました。

P2230059.jpg

いや、キルティング針は短くて細い針ほど番号が大きくなるんだ~と今更ながら確認したりして

P2230062.jpg

今までのキルティング針は縫いこんでいくうちに曲がることが多くて1日に3本くらい交換。

縫いやすいけどこれではストレスなんだ、と思い、針の固さをもう少し固めの物に変えて、でも太すぎると布に刺さる時に抵抗が多くてブツブツときれいな針目にならないから・・・

どのくらいのキルティング針がいいのかなぁ~と試行錯誤しています。

9番か10番くらいを使っていますが・・・みなさんはどうしているのでしょう・・・


にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
関連記事
        

スポンサーリンク

        

コメント

        

こんばんは~
ロープのキルティングが気になったら
今のうちにほどいたほうが良いかもしれません
まぁ~良いかでやっちゃうと後でも気になるものです
針ですが・・
私はサイズ9というのとこうのさなえさんの
キルティング針も使ってますが25,4になってました
こうのさなえさんの針は結構短くて細い感じです。
私は力が弱いのか針を折ると言うことはほとんどないです
ピーシング用は曲がったりしますが・・・

自分に合う長さとか細さの針が一番ですよね~
ガンバです
ピッピさんへ
そうですか~やはりほどいたほうがいいんですね~。
どうもしわがきになることと、もう少しひとつひとつの形をきれいに書けばよかったなぁ~と思っているんです。
こうの早苗先生のキルティング針があるんですか~見てみます。ありがとうございます。
 
こんばんは
すごーーい、着々と進んでいますね
少しづつ、少しづつ、ホントにね
わたしも、少しづつとつぶやきながらしています
頑張ろーーね

↑↑のミシンキルトもステキ
いつかチャレンジしてみたいです
やはりミシンは特別なものですか?


mimiさんへ
ごほうもんありがとうございます。
mimiさんもサンプラーのキルティングされていらっしゃるんですよね~私も!頑張ります!
ミシン、早くて、それが何よりいいです笑