松島円通院~数珠作りで縁つながり

2013/ 11/ 18
                 
松島の円通院にて数珠作り体験と紅葉を楽しんできました。

日本三景のひとつ宮城県松島町にあります。周囲には国宝瑞巌寺や五大堂など、静寂で厳粛な趣きのある場所に囲まれています。伊達光宗の霊廟として建立されました。

境内の庭には約350年前に造られた心字の池を中心とし石庭があります。
秋には紅葉ライトアップがされ、幻想的なお寺の中に色鮮やかな紅葉の赤色が華やかさを与えてくれます。

池に映る紅葉がなんとも美しいから是非行ってみない?と遊び仲間からのお誘いで行って参りました。

遊び仲間・・・それは子供たちが幼い時から中学生になるまでずっと遊んでいた母仲間たちです。

私は主人の休日が土日・祝日といういわゆる一般家庭の休日とは異なる休日、平日が休日、という形で過ごしていましたので、子供たちと母親、という形で出かけていました。

私は自分自身が幼い時から色々な場所へ出かける、ということが少なかったので子供を通して様々な場所に子供を連れて行きながら自分も楽しむことができ、それはそれは楽しく過ごすことができました。

中でも「サンデーくらぶ」という母と子のサークルがありまして、同じようにご主人の休日が平日で休日は母と子、の家庭が集まってみんなで遊ぼう!という主旨の活動をしているので入ってみない?と誘われ、そこで10年以上もの間親子で遊んできました。地域も子供の年齢も、学校も違う親子の集団、赤ちゃんから小学6年生くらいまで・・・そんなかなり年齢の幅のある子供たちが一同に集まりますから、とにかく珍事件各種・伝説が多くて、ものすごく楽しいサークルでした。

子供たちは今やそれぞれの遊び仲間と遊んでいますが母たちはたまに会ってワイワイ遊んでいるんです。

サンデーくらぶは宮城県内どこの地域からも参加可能。休日に母と子で煮詰まってしまったり、遊びに行きたいけど母と子だけでは不安・・・そんな親子が集まって、みんなで遊べば怖くない!と月1~2回のサイクルで集まっていろいろな場所へ行って遊びました。山形県までさくらんぼ狩りに出かけたり、クリスマス会、お花見、芋煮会、登山、映画鑑賞、スポーツ、母達のネイルなんてことも!

サンデーくらぶのモットーはただひとつ。母だけの場合、母子家庭、という方も参加OKなので、家庭の事情は本人が話さない限り一切聞かないこと!これだけです。年齢を聞いても体重を聞いてもOk笑


今でも母たちとはつながって時に楽しい時間を過ごす仲間となっています。

話は戻りますが、円通院ではご祈願された石をつないで作る数珠作りが行われていて、みんなで作ってきました。
選ぶときには一切石の効果は聞くことはできません。欲が現れてはいけないそうで、自分が選んでそれが縁となるそうです。

PB171033.jpg

PB171034.jpg


一番大きな親玉を決めたら二天と言われる身体と心が一体となる対の二玉を決めて通していきます。
なかなか選ぶのも難しいですね~

PB171036.jpg

PB171035.jpg

それぞれが選んだ石の意味を帰りに聞いてまた盛り上がり・・・

私の親玉に選んだ石は夫婦愛・家族愛でした。

円通院のライトアップ紅葉はそれはそれは素晴らしくきれいでした。
池に映る紅葉が写真のようで、素晴らしい光景です。

PB171054.jpg

PB171053.jpg

子供を通じて自分にも縁が生まれ、このような楽しい時間を過ごすことが出来ています。

私をこの世に送り出してくれた両親に感謝、夫を送り出してくれた夫の両親に感謝、子供たちに出会わせてくれた夫に感謝、そして私の周りの縁あって知り合えた人たちに感謝。

円通院で「縁」を感じて帰ってきた半日の小旅行でした。
関連記事
        

スポンサーリンク

        

コメント

        

こんにちは~
数珠を作るって中々できない良い経験でしたね
選んだ親玉は家族愛と夫婦愛だったんですね~さすが~
子供を通して知り合えたご縁これからも大事にしてくださいね~
年を重ねるごとに新しいお友達を作るのは難しいものです
色々なご縁を大切にしたいです。


こんにちわ♪
素晴らしい体験でしたね。数珠を作る…そんなことはなかなかできないものです。
「家族愛・夫婦愛」という願いもまさにありんこさんの人柄を物語るものだな。と思いました。

サークル楽しまれたんですね。いい出会いのサークルは宝ものですね。
ピッピさんへ
ピッピさんともご縁がありましてこうしてつながってます、ありがとうございます。
母としてではないつながりができるのは趣味活動の良いところですね、これからもよろしくお願い致します。
blueroseさんへ
お友達の作った数珠の効果も納得いくことが多くてびっくりしました。
愛っていうところがちょっと気恥ずかしいですが・・・こうしてパッチワークを通じてblueroseさんと交流できることも日々感謝です。
これからもよろしくお願いします、いつかお会いできるとうれしいです!