モンキーレンチのパターン

2013/ 05/ 15
                 

モンキーレンチ(monkey wrench)とは、ボルトをつかむ部分(あご)の幅をウォームギア によって自由に変えられるレンチの一種。(ウィキペディア抜粋)

 

あ~そうだったのか~とこの歳になって初めて名前を知りました。サイズがたくさんあって、便利な道具、とよく利用していたものの、名前までは知りませんでした。

 

※モンキーレンチ

IMG_0417

 

今回はミシンキルトの早縫いでモンキーレンチをつないでみるという作業に取り組んでみます。

新しい年度になりGWも自分のペースでは動けず、パッチワークも取り組む時間がありませんでした。

やっと時間が出来ました~♬

 

●対角線を押さえの端に合わせて縫い●

IMG_0405IMG_0406

 

●両端縫い、中央線でカット●

IMG_0408IMG_0409

 

●開くとパターンが一度に2枚できる、という早縫いで●

 

IMG_0410IMG_0411

 

最初にきちんと測ってカットしてしまえば縫い代の記し付けもいらず、ミシンの押さえの幅のみで進めれるところが魅力的。

 

このような単純な作業の時には感じませんが一度の縫い合わせで4枚をきれいにつなぐ、となるときちんと測っていたかどうかがミシン作業ではてきめんに現れるのでそこだけつかんでいるとものすごくきれいに角がそろって気持ちのいいものです。

 

●角がきれいにそろうと気持ちいい●

IMG_0412

 

端から縫っていくので中心を合わせても布の厚さや押さえのテンションの加減でキセのかかり方が異なることもあって、それは何度もいろいろな生地で作業を重ねていくことによって経験値が上がっていくのだろうなぁ~と思います。教室の課題の他に、1週間に一枚でもいいから自主作業が出来たらいいなぁ~と思っています。

 

★参考書籍★ 増田順子さんのよくわかるミシンパッチワークの基礎 (Heart Warming Life Series)

●今日のモンキーレンチ●

 

IMG_0413

 

もっと色のメリハリが付けばよかったのに、黒が薄かったなぁ~と反省しながらもひとつのパターンで縫い代の倒し方や縫い方など改めて確認できたことで満足いく作業ができました。

 

☆今日のマイガーデン☆

今までは春の香りを運んでくるイエローやピンク、新緑のグリーンが心を捉えていたのに、凛とした青に心惹かれる季節になりました。庭の花ももうすぐ青の世界に移っていくようです。

 

都忘れ2013

IMG_0377

 

 

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
関連記事
        

スポンサーリンク

        

コメント

        

No title
角がきちんと合って綺麗に縫えていますね。
布もモダンなかんじでいいわ~
画像で見たかんじでは正確に早く縫えそうだけど、
私はまだまだ押さえの幅を利用して縫うのは不安なので、
ピースワークにはトライできないでいます。
onepatchさんへ
ありがとうございます。
押さえの幅で縫っていくのは私も最近になってようやく、ですがミシンキルトでは特に揃っているかいないかが目立つので気を使いますね。
おはようございます
モンキ-レンチもミシンで縫えちゃうんですね!
モンキーレンチは無理だけど、、
三角の部分をミシンで縫ってみようかな、
と、少し布をカットしてみました。。

モンキーレンチは12cmのパターンで
今日、ハンドで縫ってみようと思ってた所です
偶然ですね
mimiさんへ
mimiさんのねこちゃんのタペ、可愛かったなぁ~と思い出しながら書いています。
モンキーレンチ、私はこのパターンを見るとmimiさんを思い出すんですよ~以前のタペに思い出があるんで~記事にされるの楽しみにしてますね!