陶器 器作りを復活

2011/ 10/ 20
                 
秋になると地域のコミュニティー活動の一環として文化活動の発表会がありますね。


時間に余裕が出来てきた世代を中心に、皆さんの日ごろの趣味を披露する場所として公民館などがよく使われますが・・


今年は震災の影響でどうなるのかな?と思っていました。


母の住む地域でも毎年開催されていて、今年も出来たようでうれしいことですね。


湯のみ茶碗1

IMG_3387.jpg





ただ、今年はだいぶ作品が少なかったようです。


時間がなかった?それもそうなのでしょうけれど、時間はあったんだけれど趣味をしようと思う気分になれなかった、またはそんなことをしていていいのか、という自分の思いもあり、また他人にこんな時期あんなことしてていいのか・・なんていう声が聞こえるのではないか・・・なんて気になったり・・・そんな半年だったので数がぐ~んの減ったのではないかな、と感じています。


私の母は多趣味で、広く浅くというよりは、突っ込んだらとことん!という性格なので陶芸の趣味も自分の部屋を作って窯まで買った人なのです。


以前はそれこそ公民館でみんなで集まって時間を決めて、窯も順番、当番制、などという枠の中で楽しんでいたのですが・・・


好きな時間に作りたい、好みの温度で焼いてみたい、どの場所に置いたらきれいに釉薬が溶けるか調べたい・・・いつのまにか自分の部屋まで作って窯まで置いてしまいました。

湯のみ茶碗


IMG_3384.jpg



母はいつも、あなたを見ていると怖い、何をするかハラハラするのよ、おとなしそうに見えて、そこ飛び込んじゃうか?ってところがあって心配だから、やめて頂戴!といわれる事が多々。


あら~あなたの娘ですけどっ!ってお返しいたしましたわ~^^;


ずっとずっと昔はきっぱりと物事を言ってしまう母に戸惑うことがありました。正しい事だけど・・・周りの雰囲気を考えて~って思うことも・・・。

でも、こうして自分が結婚して母となってみると、やっぱり母を尊敬しています。
なぜなら、母はいつも自分の信念を信じ、絶対に変えないからなんです。


私の性格といえばごまかすのがとっても得意なので、よく話すわりには肝心な部分を言えなかったり、合わせてしまうことでストレスを抱えたり、周りとうまくいかないことになるくらいなら人に合わせよう、という性格なので、本当の本音を語れるのは主人だけです。家庭の主婦って皆さんそうではないでしょうか~・・・家族が増えれば増えるほど、まとめるためには仕方のないことなのかもしれない、と思ってきました。


母が絶対的に変わらない信念を持っているので実は安心して私はいろんなことに挑戦しようと思えたのかな、と、今はっきり感じます。


今まで家族を支え生きてきて、やっと自分の時間を楽しむ余裕が出来た母が今年の震災を乗り越えてまた器作りをしてくれたことはとてもうれしいことでした。


湯のみ3

IMG_3389.jpg


(これは綺麗に貫入が入りました)IMG_3390.jpg



今回もみんなが欲しい欲しいっていうからあげちゃってね、これだけはとっておいたから・・・と注文していた湯のみ茶碗をもらってきました。うち、家族4人だから、あと一つ次回にお願いね。



地震があってだいぶ壊れてしまったけれど、また作ればいいだけ。次は紫の色を出したい、と言っていました。

そういう強い母に私は守られて生きています。





関連記事
        

スポンサーリンク

        

コメント

        

素敵なお母様ですね。
きっとありんこさんもそのお母様の姿を追われているのでしょう。
器もほっこりとして素敵です~
若い時は親を一方向からしか見ていなかったけど,
自分が年を追う毎に親のいろんな面が見えてきますね。
私の母はもういませんが母の年齢に近づく毎に尊敬の念は増す一方です。
好きなことを見つけて
楽しんでいらっしゃるお母様。
とってもステキです♪
お母様の作品を拝見して
おおらかで温かみのあるステキな作品ですね!!
心を込めて、土を練り、ひとつひとつ大切に作られているのでしょうね(^^)
とても感動しました
ありんこさん

こんばんわー
なんて素敵なお話なんでしょう~
お母様の信念を貫く姿勢、なかなか出来ないことかもしれないですね。陶芸の作品にお母様の気持ちが現れているような気がします。
ほっこりとした形。落ち着きますね。

そんな素敵なお母様のDNAがありんこさんに入っている・・なんだか素敵です。
私もまだおかげさまで母は健在ですが母と性格は違います。母を見てそんな自分にはならないぞって・・・反抗も反発もして。でも、今友人に言わせると母に似ているそうです。
(表現とかいろいろね)不思議ですね。
やはり親子なんでしょうね。強いお母様に守られているありんこさん。よかったね。
onepatchさんへ
こんばんは~
ありがとうございます~
onepatchさんもお母様尊敬されていらっしゃるんですね。
家族の風景が時々見え隠れするonepatchさん、きっと素晴らしいお母様の血を受け継いでいらっしゃることでしょうね~家族を大事に思っている様が目に浮かびます~
 
kotoricchiさんへ
ありがとうございます。
陶芸に集中するとそれこそ寝食忘れて取り組んでいます~とにかく徹底的にやりますから、体に響くのでしょうね~でも、そういう性格です・・^^;
湯のみはちょうど手に収まるか収まらないかの大きさで、ずっと楽しみにしていたものですからわくわくしています~
とみママさんへ
ありがとうございます・
母はびっくりするほど意志が強いのですが、それは生い立ちから今に至るまでの人生経験からきているものだと感じます~強くなったというのか、強く生きざるを得なかったというのか、やはり現代の私達の経験などなんてことない感じですね^^;
とみママさんのお母様、きっと素敵な方なんでしょうでしょうね~。
作品を褒めていただいて、とても喜ぶと思います、ありがとうございます。
おはようございます
信念を貫く・・・素敵なお母さんですね
自分に自信を持っているのでしょうね
陶芸も復活されてほんとによかったです
とっても上品な器ですね
素敵なお母さんを観て育ったありんこちゃんも素敵ですよ~


こんにちわ♪
とてもいいお話ですね~お母様憧れます。うちの母は何でもやる人でしたがすべて自己流(笑)
多分そんな性格を私も受け継いでいるのかも…
上品な器達、きっとお母様の姿そのものですね。
ピッピさんへ
ありがとうございます。
ちょっと体調が優れないことが多かったので器作りを復活してくれたことは私にとってとてもうれしいことでした。
 私も母にどこか似ているんでしょうね~
blueroseさんへ
ありがとうございます。
blueroseさんはなんでもきっちりされているのではないかなぁ~と思うので、きっとお母様もそうなのでは?と想像しています。
 ひとつひとつ違う器もなかなかいいものです~ありがとうございます~