風車倒し

2010/ 09/ 02
                 
四角つなぎで思ったこと。



四角つなぎには縫い代の始末に特徴的な手法があって、四角が重なったところは縫い代を風車のように倒すと均等になってきれいだ、ということ。

P1030837.jpg





一枚一枚ずつピーシングした後、アイロンをかけるときによく考えながら倒していくとスムーズなんですね。



P1030836.jpg



今回の通信講座のピーシング、縫い代はすべてつなげる段階でも縫わず、しるしまでなので、角がずれやすくて初心者の私にはどうもそろえるのが大変でした。





これ、一枚ずつピーシングして一列にした後、列をつなげるときは倒す方向にぬいしろごと縫ってしまったほうが落ち着くのではないのかぁ~と思ったんですが縫い代を縫わない意味がきっとあるのでしょう・・・私には・・・わかりません。・・・

アイロンでなんとか倒して・・・


P1030832.jpg


縫い代を8mmにそろえてこれからキルティングラインをひいていく作業に入ります。


P1030834.jpg


これもだいぶ前の本ですが、図書館で借りてきてとても詳しくていい本がありました。
パターンごとにも詳しく縫い代の倒し方がかいてあるので、また勉強のために一つ一つパターンを縫いたくなりました。^^v


P1030839.jpg


いろいろなパターンの縫い方や縫い代の倒し方が詳しく図解されていて、魅力的でした。


P1030840.jpg


関連記事
        

スポンサーリンク

        

コメント

        

はじめまして。
はじめまして、ちくちくHOUSEです。
パッチワークには、色々倒し方がありますよ。(*^-^*)
風車倒し、方倒し、があります。
本でも、先生によって違ってますよね。
私が習った日本手芸普及協会の教室では、片倒し(片方側に倒す)です。
パターンによっては風車倒しもありますよ。
ちくちくHOUSE HP、ちくちく講座でも倒し方写真をUPしてます。
よかったら、参考にしてくださいね。
パッチワーク・キルトお互いがんばりましょうね(^-^)/


ちくちくHOUSEさんへ
ご訪問ありがとうございます。
先ほどブログ、HPともにお邪魔させていただきました。
たくさんの作品と、たくさんのパターンと、縫い代の倒し方から縫い方まで、実に詳しく記事にされていらっしゃるのですね~。素晴らしいです。初心者の私としては、とってもわかりやすいなぁ~と感じました。私がお邪魔していろいろ参考にさせていただいたり教えていただくことが増えそうです。よろしくお願い致します。
こんばんは~~
とっても綺麗にできてますね~
私は四角つなぎで風車にはしませんが・・
その本によっても違ったりするのかもしれませんね

いろんなパターンを作ってみるのも勉強になるので
良いと思います。
パターン練習でサンプラーキルトも楽しいと
思いますよ~~


ピッピさんへ
ピッピさんも風車倒しにしないんですね~
パッチワークはいろいろな手法があってこれが絶対正しい、っていう世界じゃないのが自由でいいですね~。
今回は課題の手法に沿って仕上げますが自分でいろいろ試してみるのも楽しそうですね~。
こんにちは^^
縫い代の倒し方も、いろいろありますよね。
きっと、ありんこさんもたくさん縫っていって
要領を得ていくのだと思います~。


きるとのきさんへ
こんばんは~・・。
そうですね~いろいろ手法はあるのですが、縫うのみ!ですね。がんばりま~す。^^
縫い代の倒し方,皆さんのコメントとほぼ同じですが,
追記として,具象的なパターン(チューリップやハウス等)は,パターン側に倒すと浮き上がって綺麗です。
反対にすると陥没してしまいます(笑)
目立たせたい方に倒す,で良いと思います~

↓鷲沢先生の本,持っていたので,
久しぶりに読み返してみると,改めて作品の丁寧さに感動しました!
そしてこの本のサンプラーが作ってみたくなりました。
こんにちは。書き込みは初めてですが、以前からお邪魔していました。
私は日本手芸教会の本科まで受講した後休学中、現在はキャシーさんの教室に通っています(ハワイアン上級コースに在籍しています)。
手芸教会のテキストでは縫いしろはそのまま片倒しで縫いこんでいくことになっていましたが、キャシーさんの教室では、縫いどまりで倒すことになっています。どのパターンの場合もそうです。それから、ピースを全部縫い合わせたあと、最後に一度だけアイロンをかけます。その時は、生地がびしゃびしゃになるくらい霧を吹いて丁寧に・・・
私自身は、片倒しで縫いこんだ方が仕上がりもきれいだと思うので、自分のものを作るときはこの手法、教室での作品作りでは、教室の方針通りで(笑)。いろいろやってみて、自分にあった作り方を探すのもありかなと思っています。
ガウラさんへ
こんにちは~ガウラさん!
そうですか~具象的なハウスやお花などのパターンはパターン側に倒して浮かびあがらせるのですね~な~るほど~・・・すごくよくわかりました~^^ありがとうございます!
 鷲沢先生の本、なんか感動して見させていただいたのですが、ガウラさんもそのように感じましたか~・・・。そうですよね~なんだか先生の人間性までこのキルト本からあふれ出しているし、とても丁寧に教えてくださっていますよね~・・。私もこれを見てサンプラー作りたいなぁ~っ思いました~。
 
らいむさんへ
こんにちは~ご訪問ありがとうございます!
そうなんですか~!まあ!講座を受講されていらっしゃるなんて!なんて心強いんでしょう!
 パッチワークもいろいろな手法があるんですね。勉強になります。ありがとうございます。また是非いらしていろいろ教えていただけるととてもうれしいです。